アパート経営でもっとも大事なコトとは?

アパート経営を、“建てれば入居者が見つかる”と勘違いする人がいますが、それほど甘いものではありません。

最低限必要な事柄について考えてみましょう。

〇補修対策・メンテナンスをこまめに。

アパート建築で大事なコトは立地環境です。

アパート経営でいうならこまめなメンテナンス、補修対策、セキュリティ対策です。

アパートは陳腐化するのが早いので、築5年~10年で次の入居者が見つけづらくなります。

補修対策・メンテナンスをこまめに行うことでその時期を少しでも先延ばしすることができます。

ポイントは外壁塗装とひび割れなどの補修です。

少しお金はかかりますが、通常のサイクルよりも早めに行うのがコツです。

〇防犯にお金を掛けなければ客は逃げる。

見栄えの悪いアパートは、どうしても住むことに抵抗が生まれ、マンションに客を奪われてしまいます。

そうすると空室率が高くなり家賃を下げざるを得ないといった悪循環が生まれます。

またマンションにくらべて、セキュリティの手薄さも弱みになっています。

いくら建築費をかけて豪華なアパートを建てても、防犯体制が手薄では入居者の意識を振り向けることはできません。

人気のあるアパートは、豪華であることより、きれいでセキュリティ機能が高い物件です。

建築費の一部を防犯対策に回しても損はありません。

〇アパート経営とアパート建築とは意味が違います。

建築は建築費をかければ立派にできますが、経営には経験・ノウハウが必須です。

良く建築と経営を混同して考える人がいますが、経営にはそれなりの経験と努力が必要です。

建築費をかけて立派なアパートを建てたから満室にできるというものではありません。

プロの経営者からコツを学びましょう。